・プリーストとして生きる

プリーストのスキルについて解説

基本的に1次スキルの強化版です



回復スキル

リザレクション
セイントオース
ラピッドクーリング
リザレクションはトリートメントの強化版でリザレクションでは出来なかった1次スキル・2次スキルによる異常状態も治療可
またPTメンバーを含め3人までにも効果がある
使いこなせるようになれば戦術に幅を持たせる素敵スキル


セイントオースはセイントプロミスのPT版
しかもセイントプロミスと同時に使用することも出来るし回復量が少し多い
プロミスだけではダメージの厳しい現場でもこれと併用することで生存率を上げられる
が、個人狩りでこれを使う機会というのは少ない(プロミス+羽盾のほうが有効な場合が多いため)
主にPT狩り専用スキル


ラピッドクーリングはクールタイムを減少させてくれるナイススキル
が、殴り魔単体では正直活躍の場は・・・羽盾が即剥がされるような現場くらい?といった感じ
他職の方とのPTでは喜ばれる場合もありそうですがソリストなら無理に取ることはないかと


攻撃スキル

贅沢すぎる見た目スキル(
ホーリーランス
ライトウエイト
どちらも魔力依存のただの攻撃スキルです
追加効果はありません

ホーリーランスは詠唱時間が長い上に射程が短いので気をつけないとボコボコにされちゃいます
MP消費も高いしその割りに威力もほとんどないし殴り魔的にはいいところが見つかりません
使いどころに困るスキルですが見た目としては素敵なので後輩の援護や遊びで使うには良いかも


ライトウエイトは攻撃力が光スキルの習得数と魔力に依存するという変わったスキル
対応スキルはエマージェンシー トリートメント ライトエレメント フォースフィールド リザレクション ホーリーランス レイズデッド ラピッドクーリングの8つ
しかし全てを覚えても攻撃力は2割ちょいしか上がらないのです
魔力極みの方や魔力重視の装備をすればある程度火力にはなるけど、それをするなら純魔になったほうがマシ(
フェスタが仕様変更されて全mobがHP1になった時には大いに使ったけど、詠唱長いなーというのが正直なところ




そういえば余談だけれど
セイントプロミス習得クエスト受注中はクエスト補正のお陰で古代の羽ペンが掘れやすいです
EPクエ受注時よりも発掘率が高い気がするのでお金を稼ぐにはいいかも

  • 最終更新:2014-02-09 16:14:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード